初めてのJUMP魂に行ってきた話

 

 

「Hey!Say!JUMP LIVE TOUR 2016 DEAR.」の福岡公演にお邪魔してきました!

初めてのJUMPさん、とっても楽しかった!!!

連れって行ってくれた友人には本当に感謝です。

 

しかしながら、会場についてファン層を見た第一印象、

とにかく若い!!!!

髪色と服装から年齢が一目瞭然。

茶髪の私たちはどことなく浮いている気がしました。

 

 

(一応私のホームグラウンドである)ジャニーズWESTのファン層も、

まぁ中高生が多いんだけど、

ジャンプのファン層はそれより更に多かったですね。

(声のハリが違った…)

 

若い層からの絶対的な支持率の高さがHey!Say!JUMPの強みだなと感じた。

 

なにがここまで女の子たちを熱狂させるのか…

生意気にも、客観的にコンサートを見て感じた事を幾つか書かせてください。

 

 

①若い女の子の目線、感覚での演出

JUMPと言えば、とにかくキラキラアイドル!

歌曲も振り付けも可愛い!衣装もふわふわのキラキラで可愛い!

これって決して20代の男のたちの趣味ではないと思う。

タレントが達の世界観を繰り広げるののがデビュー組みのコンサートだと思うんだけど、

JUMPのコンサートは限りなく女の子の「好き」を尊重した演出をしてくれる。

しかもそれは、誰かにやらされてる感も無くて、全く嫌味が無いんですよね。

そういう地道な努力があるんだろうなって思いました。

 

②アイドルがファンに片思いしてる(?)歌詞

恋してるのってどちらかと言うとファン側だと思う。

でもJUMPの楽曲って、

「君が愛おしくて仕方ないんだよ!」 って伝えてくれるものが多い気がする。

ふわりと舞い降りた恋
キャラメルのような甘いフレーバーで
気が付けば 僕は君に夢中になってたんだ
止まらない止められない
胸の奥から声がする Oh yeah
すぐに伝えたい 君が大好きだよ Love for you
嗚呼 片想い or 両想い もし答えてくれるなら
君の気持ち その心
知りたいよ ちょっとだけで良いから!!

 

愛のシュビドゥバ/Hey!Say!JUMP

その唇 奪っちゃっていいですか?『い~ですよ~!!』

 

我 I Need You/Hey!Say!JUMP

ちょっと高めで甘い歌声で、何度も何度も問いかけられたら、なんだか本当に目の前の自担が自分に恋してくれてるんじゃないか?なんだ!両思いなんだ!って思える気がする。

自分もキラキラかわいい美女になれたようなそんな感覚にさせてくれる。(気がする)

 

③メンバーのわちゃわちゃが超かわいい

1番驚いたのが、ステージはそこそこ広いのに、MCの時9人が真ん中にぎゅっと寄ってお喋りしてたこと。

だって普通ジャニーズのコンサートでのMCって、メンバーがステージ上に横一列に並んでするじゃない??

JUMPはぎゅっと真ん中に寄って丸くなってる感じでそのままお喋りしてて、

仲良し男子中学生の昼休みの会話を覗き見してる気分になった。

 

あとは曲中に、セルカ棒で映像(?写真?)を撮ってる場面もあったんだけど、

セルカ棒を使うってなったら、必然的に9人がぎゅっと寄らないと写らないし、そういうところの発想が若々しくて天才だなって思いました。

 

 

とりあえず、私が抱いた感想はこんな感じです。拙い文章で生意気なことをつらつらと失礼しました。JUMP担のみなさん、ババアが本当にお世話になりました…楽しかったです!ありがとうございました!

この文章を最後まで読んでくださった貴方も!本当にありがとうございました!